外国人と日本人の考え方・骨格・体格はここまで違うのはなぜか?

外国人と日本人の考えかたは、基本的に育った環境・価値観に違いが現れます。相手と良好な関係を築くために知っておくべき事をおさえておけば大きな影響もでないので、慌てず対処する方法をまとめました。

スポンサーリンク

恋愛関係は対等

多くの外国人男性は自立し(仕事でキャリアのある)自己管理のできる女性と付き合うのがステイタスと思われています。

特にできるエリート男性も自分と同じように能力のある大人の女性を選ぶ傾向にあるそうです!女性も男性と対等な立場のポジションにいたいので、デートでも割り勘で自分の分は払う女性が多い。

でも初めてのデートや素敵なレストランでの食事は男性が全額払ってくれたほうがスマートで決まっていますよね。

その辺も外国人男性は気を使い、ご馳走するそうです。

仕事は率先して動く

日本人は集団意識が強くて単独で発言したり、行動する範囲が限られていて視野が狭いけれど、外国人はなにか問題が起きたときは、率先して行動し即効トラブルを解決してしまう行動力の高さ。

日本人は勤勉で真面目なので納得するまで原因追究したがりますね。
何事も研究熱心ですね。

自立心が強い

特に欧米人は子供(ティーンエイジャー)の頃に、学校で学びながら自分の将来の進路や、やりたいプランを決めていて、目標や夢に向けてバイトをしながら親を頼らず自立して生活している若者が多いです。

日本みたいに実家暮らしで、学費も全額だしてもらい親に頼りっきりというタイプは少ないです。

特にアメリカは幼少期から自己主張コニュニケーション能力に力をいれているので、自己発信能力が高くうまく表現できる国民性だな~っと感心します。

KIDSスクールでも必ず率先して先生に手をあげて、自己主張していますしね。

骨格と体格の違い

外国人は身長が高くて体格が良く、筋肉質な方が多い。

日本人は筋肉も少なくて つきにくい傾向にあるのは、食生活。

外国人は動物性たんぱく質の摂取が多く、運動量も多く自宅にジム用品を一式そろえて身体を鍛える人が多いのも確かです。

日本の食事も最近は欧米化してきて肉食が増えたせいか、なかには細マッチョ的な男性も多くなってきていますね。

その他に骨格の違いは「骨盤」にあります。

外国人の骨盤は高く位置してますが、日本人の骨盤の位置は前に前傾しているそう。

そのため姿勢も悪くなり腰痛も引き起こしやすくなるそうですよ。

腰痛と肩こりは日本人の国民病と言われるくらいの代名詞ですね。

まとめ

外国人と日本人の違いはまだまだたくさんありますが、アメリカ人のコニュニケーション能力と自己発信の高さを私たち日本人も見習っていき、世界で通用できるグローバルな世界へ羽ばたけたら素晴らしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする