韓国ドラマ『病院船』あらすじと感想!初主演カンミンヒョクの演技に注目!

韓国ドラマ『病院船』は、恋愛経験ゼロの天才外科医と年下の医師との甘い恋愛模様が盛り込まれているトキメキラブ・ストーリーです。

演技派女優ハ・ジウォン×カン・ミンヒョク(CNBLUE)豪華共演。

ドラマ『病院船』作品概要・あらすじ・キャスト・感想をご紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ『病院船』作品概要

韓国ドラマ『病院船』あらすじと感想!初主演カンミンヒョクの演技に注目!

出典:amazon.co.jp

医療施設のない島々を巡る病院船を舞台に、スリリングなメディカル要素や葛藤を抱える医師達が奮闘する姿を描いています。

主演は、ドラマや映画で活躍している『シークレット・ガーデン』『ファン・ジニ』のハ・ジウォンが恋愛経験ゼロの天才外科医を演じ、年下の優しい内科医をカン・ミンヒョク(CNBLUE)が好演。

演出を『会いたい』のパク・ジェボム、脚本を『ファン・ジニ』のユン・ソンジュが担当。

助演にミナ(AOA)ほか。

ロックバンドCNBLUEのカン・ミンヒョクが初主演を飾り、大物女優ハ・ジウォンを相手にどんな演技を魅せるのか乞うご期待!

ドラマ『病院船』あらすじ

凄腕女性外科医のウンジェは、離島で暮らす母親との間に長年の確執を抱えていました。

一方、医療施設の乏しい離島を回る病院船に内科医のヒョンが着任。

ヒョンは、消化不良を訴える中年女性を念のため病院で精密検査を促します。

そのころ、ウンジェの元に母から電話がかかって病院へ駆けつけますがウンジェの前で息を引き取ってしまいます。

ウンジェは、母の死をきっかけにソウルの病院を去り、誰もが嫌がる病院船に勤務を決意。

不器用で他人と関わりを持たないウンジェの芯の強さに触れたヒョンは次第に惹かれていきますが…。

ドラマ『病院船』主要キャスト

  • ハ・ジウォン
  • カン・ミンヒョク(CNBLUE)
  • ミナ(AOA)

ドラマ『病院船』感想

<EUNさん>

「病院船」は、インフラが足りない島で、船に乗って医療活動を繰り広げそれぞれ違う事情を持つ医師たちが、島の村の人々とコミュニケーションを取り医師として成長していく内容です。

今までの医学ドラマは緊迫した状況が多く演出されたので、楽しさと感動を一度に感じさせてくれました。

しかし、このドラマは病院ではなく船に乗って診療をするという点で、既存の医学ドラマとは違う点を強調しています。

まとめ

韓国ドラマ『病院船』は、韓国でMBC/2017年放送されキョンサンナムドの造船業と漁業が盛んな島コジェシでオールロケが行われたそうです。

ハ・ジウォンとカン・ミンヒョクの演技に注目❣