韓国映画オクジャを見た感想・ネタバレ!巨大ブタと少女の愛に涙が止まらない

皆さん、こんにちは 今Netflixで配信してる「韓国映画・オクジャ」ご存じですか?映画オクジャは世界最大級のネットオンラインサービスが提供するNetfrixオリジナル映画史上初めてカンヌに進出作!劇場公開していない作品がカンヌに呼ばれる事は、異例でありフランス国内で激しい反発が起こり、、。

スポンサーリンク

巨大ブタと少女の愛に涙が止まらない

鬼才ホン・ジュノ監督作品カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出!

韓国映画オクジャ感想ねたばれ 巨大ブタと少女の愛に涙が止まらない

映画の序盤からミジャとオクジャの交流がとても印象的で、緑豊かな山奥の村で今晩の夕食の魚を一緒に釣ったりと ほのぼのとする光景がリアルに描かれていました。

ミジャが足を踏み外し絶壁へ落ちそうになり 必死に助けようとするオクジャ♡寝る時もいつも一緒のオクジャとミジャに対し長老は不満そう。。

オクジャを連れ戻そうと必死にミランド社のソウル支社へ入るため、体当たりで強化ガラスへ突撃するシーンや、トラックで移送されるオクジャを追っかけ ミジャがオクジャ!っと呼べば振り向き 喜びに満ちた表情に!

オクジャを純粋に愛しているのはミジャだけなのに、オクジャは気が狂ったように映画の中盤でミジャに対し暴れてしまうシーンが印象的。

そんなミジャはオクジャに耳打ちをし、お互いの信頼関係を構築するんです。見ていると早くオクジャを連れ戻して幸せに暮らしてほしいって心から思いながら、涙流しながら見てました。

この映画で考えさせられた事は、たくさんあって家畜にも尊い命があり 人間の為に犠牲になっているという事実。

毎日、食卓に並べられている豪華なご馳走だと思われているお肉もつい最近までは生きていた尊い命だという事も考えさられました。

韓国映画オクジャを見た感想・ネタバレ!

韓国映画オクジャを見た感想・ネタバレ!巨大ブタと少女の愛に涙が止まらない

ミランド社は世界的的食糧不足を解消するため1匹の豚を発見。自社の研究所で育てた結果、遺伝子組換えの26匹の子ブタを産む事に成功し その中の1匹を韓国の田舎町で暮らす少女ミジャと長老に預けた。

10年後、ミジャはオクジャ(スーパーピッグ)を妹の様に可愛がり愛情を持って育てていたが、長老にとってオクジャはお金に変わるもの程度しか思っておらず簡単に手放してしまう。

ミジャはオクジャを購入すればずっと一緒にいられると信じていたのに、、。ミジャはオクジャを連れ戻すために有り金を持参しN・Y、ソウルへ旅立つ事へ。

一人の少女が救出に向かう中、巨大企業の陰謀や動物愛護団体のテロ活動などの様々なエゴが渦巻き翻弄されていく様子が描かれている。

この映画を見始めると、コミカルで明るいタッチで表現されてる部分も多くて大いに笑いもありました。

特に印象的なのはオクジャが排泄するために、ミジャが軽くお尻をさする場面がおもろくて オクジャのフンが追っ手を攻撃するシーンにも!笑えました。

最後にこの映画は、愛する家族を悪者から救出する一人の少女のピュアなストーリでした。

まとめ

いかがでしたか?

まだ、Netfrixでオクジャ配信されていると思うので いろんな方に見て頂けたら嬉しいです。最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする